読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スペシャルがオススメです エディション

なんたって広末フアンは黙って買いましょう!バブルか〜。日立製作所をはじめ、Yahoo!、週間ダイヤモンド、朝日新聞、CanCan、鉄骨娘、六本木の風景(スクエアビルのディスコ)など、全て実名で登場し、当時の姿が再現されます。特典ディスクにはメイキングや総理と語ろう(八木亜紀子アナのインタビュー)!バブル検定(バブルのクイズ!間違えると伊武雅刀が「終わりだ」と出てきます!笑)。

コチラですっ!

2017年03月24日 ランキング上位商品↑

スペシャル エディションバブルへGO!!タイムマシンはドラム式 スペシャル・エディション [ 阿部寛 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

飯島愛のお立ち台姿は全く当時そのもの(衣装も当時のもの!飯島愛の引退映画?)!伊藤裕子のバブルファッションがお似合いと監督のお気に入りだったそうです。大満足です。樋口真嗣監督も研究所やアクションシーンの絵コンテで参加しています。早くDVDで観たいです。吹石一恵もバブル当時の浮かれた女子アナ(フジの三人娘のイメージ?)を演じており!太眉毛でボディコンを披露します(笑)。)忙しすぎてあまり良いことは無かったけど、懐かしいです。当時建設中だったレインボウブリッジ建設中の姿は模型が制作されています。少女の面影を残す広末の魅力再確認でした。周辺のリアリティへのこだわりが!監督がこだわった実名主義となって現れています。タイムスリップしてやり直して欲しいです。映画終了時のテロップが「洗濯機の中に絶対に入らないでください…」と、薬師丸ひろ子の声で流れますが、「ここで扱われているバブル時代の映像はごく一部の人たちの事実を踏まえたフィクションです。タイムマシン映画のセオリーをキッチリ踏襲しながら、スピーディーな展開で飽きさせないところはさすがホイチョイ・プロの作品。六本木で劇団ひとりが広末を追うシーンが現代とバブルの2パターンありますが、全く同じアングルで現代と当時の風景の対比がされます。ハラハラしながらも!落ち着くところへ落ち着くという軽快なデートムービーの王道を行ってます。ホイチョイの原作気まぐれコンセプトのデジタルコミックが収録されています。映画、めちゃめちゃ面白かったです♪メイキングなど観て、ストーリー展開もだいたい知っていたのですが、バブル時代の雰囲気そのものって感じですね!ハイテンションでとっても楽しめました。広末は水着姿(競泳水着)やヘソ出しルック、レゲエダンス、芸者姿も披露します(笑)。バブル時代の描き方も捻りが利いていて面白いし!広末涼子がとてもキュートで完全復活を感じさせます。メッセンジャー以来、久々のホイチョイ作品ですが、はっきり言って面白くないですね。特撮監督の尾上克郎日本沈没に参加しており!使い回ししたらしいです。(もう一度バブルが来たら!今度こそ勝ち組に…。経産婦とは想えないスリムなボディで。相変わらず楽屋落ち的に細かい設定などホイチョイフアンには、見るべきポイントもたくさん有りますが、映画としては・・・・。ホイチョイのノリが好きな方は期待を裏切らない出来ですので!お薦めします。また下川路の職場である大蔵省の地下室にハイテク装置(?)が登場しますが!日本沈没つながりだそうで!見覚えのある装置(画面)もちらほらと…!(笑)。当時日本中がこんな調子で浮かれてたと思うのはマチガイです。」コメンタリー音声(まるでバラエティ番組のノリ、笠井アナの司会で馬場監督以下7人の撮影秘話)で、細かい部分のこだわりがわかります。ほかにも同じ場所で現代とバブル期のシーンが何カ所かあり!そのあたりの違いを表現するのに苦労していたようですが!苦労なりに効果的だったように思います。「バック・トゥ・ザ・フューチャー」など今までのタイムマシン映画へのオマージュのようなシーンもあり!繰り返し見ても楽しめる作品です。けど!こんな政治家や官僚ばかりの!この国の将来が不安です。つっこみドコロ満載のB級映画ですが、軽い気持でみれば楽しめる映画だと想います。映画を見たときから細かくもう一度と思っていましたので!スペシャルエディションにしました。本当に…。。絶対に誤解しないでください(苦笑)。